通信講座で行政書士の勉強をすれば費用を抑えられる

ことばの遅れを取り戻す

カウンセリング

子供達に寄り添って

言語聴覚士は1997年に言語聴覚士法で定められた国家資格です。比較的新しい資格と言えますが、福祉の充実が望まれる現代では、これから益々需要が延びていく資格と言えるでしょう。人の役に立つ仕事がしたいと思ったら、是非専門の学校に進学し国家資格を取得して下さい。主に医療現場での活躍が進んでいる言語聴覚士ですが、これからは教育現場での活躍も期待されています。昨今話題になる事も多い子供の発達障害、言語聴覚士は子供の発達障害にも大きな力を発揮できるでしょう。子供の「ことば」の問題の多くは、知的障害や自閉症などが要因となる言語発達遅滞(ことばの遅れ)です。養護学校や普通学校の特殊支援学級などでリハビリを行います。障害の要因以外にも、吃音どもりなどは精神的な要因も考えられるので、教師と言語聴覚士の連携が望まれています。

様々な障害に対応

子供の「ことばの遅れ」以外に言語聴覚士が対応する症状にはどんなものがあるのでしょう。主に脳障害により言葉がでにくくなる失語症や、ろれつが回らなくなる運動性構音障害、言葉がつまる吃音、声が出ない音声障害、気声が悪くなる聴覚障害、食物を飲みこめない嚥下障害など、人間が生活する上で欠く事が出来ない機能の数々に対応しています。障害をおった機能を回復し、元の生活に近付けるリハビリを行うのが言語聴覚士の仕事です。学校や医療機関以外にも、高齢化社会で増えている老人保健施設や老人ホームでも活躍している人がたくさんいます。子供の発達障害はなるべく早い段階で対応する事が望まれます。子供達の笑顔の為に言語聴覚士の力が必要なのです。そんな言語聴覚士を目指している方は、専門学校に通うのをおすすめします。学校では座学以外でも実践的な実習授業も行われているので、言語聴覚士に関するスキルを本格的に身につけることができます。学校に関する情報を身につけたいと考えている方は、HPを確認するといいでしょう。