通信講座で行政書士の勉強をすれば費用を抑えられる

幼稚園で働くために

レディと児童

免許を得るには

幼稚園教諭となって幼稚園で働くためには、国家資格である幼稚園教授免許状が必要です。そして幼稚園教諭免許を取得するためには大学や短大、大学院などで専門的なことを学ぶ必要があります。大学などのおもな学科としては、保育学や幼児教育学、子供学などで、それらの学科を専攻してしっかり学ぶことで、幼稚園教諭免許を取得することが可能です。ちなみにこのような学科を専攻すると同時に保育士資格も取得できるケースも多く、保育士資格と幼稚園教諭免許の両方を取得しておけば、幼稚園でも保育園でも働くことが可能ですし、幼稚園と保育園が一体化した施設なども示唆されていることから、両方持っていた方が就職には有利に働く可能性が高いため、資格を得るために大学進学を目指す人も増加傾向にあります。

資格の種類

幼稚園教授になるためには幼稚園教授免許、保育士になるには保育士の免許がそれぞれ必要となりますが、幼稚園教授の免許には専修と一種と二種の三種類があるため、その種類によって働き方にも変化が生じます。基本的には一種は四年生の大学で取得し、二種は短大でも取得が可能です。一種は二種と比較すると学ぶべき事柄が多く、取得するには時間もかかります。しかし一種を取得しておけば将来幼稚園の園長になることも可能です。また注意しておきたいこととして、大学でしっかり学んで免許を取得しても、幼稚園教授免許には免許の更新制度があります。それゆえに一度免許を取得したからといって、更新のための講習を受けて申請をしなければ、せっかくの免許が失効してしまうこともあります。